今回は老若男女、アスリート一般人問わず強化必須部位である「中殿筋」について書かせていただきます!

以前のブログで下半身の代表的な筋肉である「大腿四頭筋」と「ハムストリング」についてご紹介させていただきました。

中臀筋

「中殿筋」は上の画像のように、お尻のメインの筋肉である「大殿筋」の上に付いており、主に脚を側方に上げる動きを担い、片足立ちの時にバランスをとるためにも使われてきます。

片足立ちの場面は各種競技おいて大変多く、「中殿筋」強化により競技パフォーマンスアップに繋がることは間違いないでしょう。

その他に中殿筋を強化することのメリットとしては……

  • 正面立ちの際の横移動(カニ歩き)やサイドステップのスピードアップとサイドステップ時の安定性向上
  • 骨盤が適切なポジションになるため転倒防止
  • 骨盤の前後左右の不安定さが解消されることから腰痛改善、腰痛予防
  • 大殿筋の上に位置しているために視覚的なヒップアップ

などが挙げられます。

中殿筋を強化するエクササイズでよく使われるのがこちらのエクササイズバンドと呼ばれるチューブです。

その中でもよく行われているのがチューブを足首や膝下に装着し開脚運動を行う「ヒップアブダクション」ですね。

また体幹トレーニングなどで行われる「サイドブリッジ」も中殿筋にアイソメトリック(キープしている状態での筋肉の収縮活動)な刺激が与えられ効果的です。

下半身の筋肉の中でも比較的地味な「中殿筋」ですがパフォーマンスアップやケガ予防のためにも、トレーニングメニューに中殿筋強化種目を取り入れていくことをお勧め致します。

本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。