以前のブログのHIITに関する記事で少し触れました、今回はいわゆる一般的な有酸素トレーニングにおける「心拍数」について書いていきたいと思います。

心拍数とは一分間に脈を打つ回数の事で、トレーニングにおいては強度が上がれば上がるほど心拍数は高く(キツく)なります。

今回は特にダイエットや減量時に効率よく体脂肪を燃焼(消費)させる心拍数について見ていきたいと思います。

一般的に有酸素トレーニングを用いての体脂肪減少をさせやすい心拍数は、体感だと「ややキツい」ぐらいが適切だと言われております。

この「ややキツい」とは最大心拍数(220-年齢)の40~60%とされており、この心拍数を超える強度だとウエイトトレーニングなどの糖質をエネルギーとする運動となり、この心拍数を下回る強度だと脂肪燃焼までにとても長い時間を必要としてしまいます。

この最大心拍数から見た運動強度に相応しい心拍数を割り出す計算式をカルボーネン法といいます。

カルボーネン法は目標心拍数=(最大心拍数-安静時心拍数)×目標となる強度(%)+安静時心拍数で、例えば30歳で安静時心拍数が70の人が60%の強度で有酸素トレーニングをしたい場合は(220-30-70)×0.6+70=142になるため、心拍数142になるように有酸素トレーニングをすればいいということです。

ちなみにいちいち複雑なカルボーネン法を使う必要はなく、大半の有酸素トレーニングマシン(トレッドミルやエアロバイク)では年齢と目標強度を入れるだけで適切な心拍数を表示してくれます。

トレッドミルやエアロバイクではなく外ランニングなどをする方も、カルボーネン法を検索すれば簡単に割り出してくれるサイトが多数存在します。

ボディメイキングをしていく上で避けることのできないダイエットや減量ですが、「ややキツい」強度の有酸素トレーニングを取り入れて脂肪を削り出していく作業も成長した筋肉に出会える魅力ではないでしょうか。

増量と減量を上手にこなして理想の身体を手に入れていきましょう。

次回「有酸素トレーニングの際の注意点と効果的なタイミング」は有酸素トレーニングにおける必要な時間や効果の出やすいタイミングや実施に際しての注意点について書いていきたいと思います。

本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。