今回はHMBの持つ強力なアナボッリク作用に加えて、さらにトレーニングやボディメイキングにおける作用や効果的な摂取タイミングについて書いていきたいと思います。

前回のブログ「HMBとは? 〜概要〜」で近年注目されているサプリメントの一つである、HMBの大まかな内容についてご紹介させていただきました。

HMBは筋量を増やす作用とは別に、体脂肪を減少させる作用もあると報告されております。

ここでいう体脂肪の減少の作用とは、HMB自体が体脂肪を燃焼させたり、体脂肪を効率よくエネルギー化させる働きを持つのではなく、HMBの適量摂取をしているグループと、HMBを摂取していないグループで、筋量体脂肪量を比較した際に前者のHMB摂取グループの方が筋量が増加しておりトレーニング強度も高いことから、高強度のトレーニングにより分泌されるアドレナリンやテストステロンといった体脂肪を減少させる物質が原因ではないかとされています。

ボディメイキングにおいての目的は筋量の増加と体脂肪の減少であるために、HMBの摂取は大変有効な手段であることが分かりますね。

そしてHMBの効果的な摂取タイミングですが、目安となる3gを小分けに摂取することが望ましいです。

トレーニングの強度を上げるためにトレーニング前と、筋肉合成を促すためにトレーニング後の2回に分けて飲むのが私的にはベストではないかと思います。

SNSの広告でよく目にする、HMBのキャッチコピーで「プロテイン〇〇倍の効果!!」や「他のサプリメントは一切不要!!」とありますが、HMBの持つ筋合成を促進する信号を出すという特徴から考えて筋合成の材料となるタンパク質(プロテイン)は絶対に必要です!!!
※特にトレーニング後のプロテインの摂取は極めて優先順位が高いです。

一日を通しての良質なたんぱく質の摂取とベースとなるサプリメントをキチンと押さえたうえでのHMBのサプリメンテーションへの導入が効果的ではないかと思います。

必要最低限のものを押さえたらボディメイキングのブースターとして、HMBの恩恵を受けることをおススメいたします。

本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。