免疫力とは

免疫とは、病原体から体を守る為に備わっている機能です。免疫力の高い体を作れば、風邪にかかりずらくなり、生活習慣病のリスクなどを減らす事ができます。逆に免疫力が低下してしまうと、風邪などにかかりやすくなってしまいます。

そのため、免疫力を高めることは健康的な生活を送る上で、とても重要です。

免疫力を高める方法

免疫力を高めることで、風邪や生活習慣病のリスクを減らす事ができる事が分かったところで、ここからは免疫力を高めるためにできる事を紹介していきます。

良く噛んで食べる

私たちは食事によって栄養を身体に取り入れる事で、免疫を始め体の機能を維持しています。食べ物が体の中に入ればいいという事ではなく、それらがきちんと消化・吸収される事で初めて、免疫力を高める事ができます。良く噛む事で食べ物が細かくなり、唾液と混ざる事でスムーズに消化・吸収が可能になります。

一口あたり、20〜30回は噛む事をお勧めします。

バランスの良い食事を気をつける

これを食べれば大丈夫という事ではなく、様々な食品からバランスよく栄養素を摂取する事が大切です。

「まごわやさしい」という言葉をご存知でしょうか?これは様々な食品の頭文字で、これらをバランスよく食べる事で自然と栄養バランスのよい食事ができあがると言われています。

ま:まめ
大豆、あずきなどの豆類、納豆、豆腐など。たんぱく質、ミネラルが豊富

ご:ごま
ごま、アーモンド、ピーナッツ、くるみなど。たんぱく質、脂質、ミネラルが豊富で、抗酸化栄養も多く含む。

わ:わかめ
わかめ、ひじき、のり、昆布などの海藻類。カルシウムなどのミネラル、食物繊維が豊富。

や:やさい
ビタミン、ミネラルが豊富。1日350g(1/3は緑黄色野菜、2/3は淡色野菜)の摂取を目安にしよう。

さ:さかな
たんぱく質が豊富。あじや鯖はDHAやEPAなどの良質な脂質、タウリンを含み、血液中のコレステロールを減らして血液をサラサラにする働きがある。

し:しいたけ
しいたけを始め、きのこ類。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富。

い:いも
じゃがいも、さつまいも、里芋、こんにゃくなど。炭水化物、糖質、ビタミンC、食物繊維が豊富。根菜類は、食物繊維の働きで腸内環境を整える。

運動や食事で体温を高めよう

免疫細胞は体を温め、血流を良くする事で働きが活発になります。その為、適度な運動や入浴、体を温める効果のある生姜などを食事に取り入れることも免疫力を高める事に効果があります。

免疫力を高める食品

バランスの良い食事をした上で、意識的に摂取する事で免疫力を高めることのできる食品を紹介していきます。

細胞の新陳代謝を促すシラス干しやコウナゴ

シラス干しやコウナゴには、核酸と呼ばれる成分が含まれます。核酸は細胞の新陳代謝の促進により、美白、薄毛・白髪の改善、精力増強、免疫力の向上などに加え、尿酸の強い抗酸化作用による老化、ガン、白内障、動脈硬化などの予防効果がある言われています。

腸内環境を整えるヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が含まれます。乳酸菌は善玉菌と呼ばれ、腸内の環境を整えることで免疫力を高めます。

腸内細菌を育てる海藻やキノコ類

乳酸菌(善玉菌)は大腸で食物繊維を利用して、短鎖脂肪酸を作り出します。この短鎖脂肪酸が腸内細菌のバランスを整え、免疫力の向上を始め、様々な効果を発揮します。その為、乳酸菌と合わせて食物繊維をバランスよく摂取することでより、効果を感じることができるでしょう。

食物繊維や乳酸菌についてより詳しく知りたい方はこちらも併せてお読みください。
「食物繊維で便秘解消・肥満防止!【水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とは?】」
「賢く食べて効果倍増!【乳酸菌の効果の出る食べ方を徹底解説!】」

まとめ

  • 免疫とは、病原体から体を守る為に備わっている機能
  • 免疫力の高い体は、風邪にかかりずらく、生活習慣病のリスクなども低下する
  • バランスの良い食事、適度な運動で免疫力が高まる
  • 生姜、ヨーグルト、海藻類などを取り入れて、体温アップ、腸内環境を整えよう

レフォルムでは、運動のみならず、食事についてのアドバイスも行なっております!


本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。

また、赤坂のパーソナルトレーニングジムReforme(レフォルム)では、年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。無料体験のお申し込みはこちらから。

Reforme(レフォルム)フィットネスジムのパーソナルトレーニングで「理想の自分」を目指しましょう︕体験申し込み