健康に良いという理由から乳酸菌を積極的に摂取している方も多いのではないでしょうか。最近では、乳酸菌飲料など、手軽に乳酸菌を摂取することができるようになっています。

この乳酸菌についてあなたはどれくらい理解していますか?今回は乳酸菌について解説していきます。

200種類以上もいる乳酸菌

乳酸菌とは、糖分を分解して乳酸を作る菌の総称です。有名なところでは、ビフィズス菌やヤクルト菌、ブルガリア菌などがあります。ブルガリアやビフィズスという言葉を聞くと、ヨーグルトを連想する方も多いのではないでしょうか。ブルガリアヨーグルトなどはこれらの菌を利用して作られています。

腸内細菌のバランスを整え、整腸作用、便秘改善、免疫力を強化

腸の中には100兆以上の細菌が生息しており、これを腸内細菌叢と呼びます。この腸内細菌叢の中には有用な菌だけでなく、有害な菌も存在します。また、日和見菌と呼ばれる菌も存在し、これは有用な菌と有害な菌のバランスによって働きが変わり、数の多い菌の働きを助けます。つまり、有害な菌が多くなってしまった場合、日和見菌は身体にとって有害な働きをします。

腸内細菌のバランスは体調に様々な影響を与えます。この腸内細菌のバランスは食事の取り方などによって変化していきます。

乳酸菌は身体に有益な菌!

乳酸菌は人体に良い影響を与える為、善玉菌と呼ばれています。年齢を重ねるにつれ、悪玉菌が増え、それらの働きにより、腸の老化が進みます。また、悪玉菌が産生した有害物質は通常肝臓で無毒化されますが、そもそも悪玉菌の発生を抑えられれば、肝臓に負担をかけることもなくなります。

乳酸菌を補うことで、腸の働きが活性化します。腸が活性化され、蠕動運動(腸の動き)が促されることにより、便通が促進されます。それにより有害物質が腸内に留まる時間が短くなり、腸の老化や大腸ガンなどを予防する効果も期待されます。

乳酸菌が身体を健康に!

乳酸菌が身体にとって有益な菌であることを説明しましたが、ここからはさらに細かくその効果を見ていきましょう。

免疫力を高める

免疫機能を担うマクロファージを刺激し、抵抗力をつけます。アレルギーの改善効果が期待され、花粉症などに対しても有効であると言われています。

便秘解消・がん予防

発がん物質を作る悪玉菌の発生を抑え、腸の働きを活性化されることで便通が促進されます。便通が促進され、有害物質の腸内の滞留時間を短くするので、これも大腸ガンの予防効果があります。

コレステロールの低下

コレステロールと結びついて排泄される為、血清コレステロール値が低下します。

肝機能向上

乳酸菌が有害物質の発生を抑え、肝臓での有害物質の処理が少なくなる為、肝臓への負担を減らします。

乳酸菌は食物繊維を合わせて摂取しよう

乳酸菌は大腸で食物繊維を利用して、短鎖脂肪酸を作り出します。この短鎖脂肪酸が腸内細菌のバランスを整え、様々な効果を発揮します。その為、乳酸菌と合わせて食物繊維をバランスよく摂取することでより、これまでに説明してきた効果を効率よく得ることができるのです。

食物繊維は不足しやすい為、乳酸菌を摂っているのに効果をなかなか感じられない方は食物繊維が不足しているかもしれません。

食物繊維に関して更に知りたい方は、こちらの記事「食物繊維で便秘解消・肥満防止!【水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とは?】」も合わせてお読みください。

まとめ

  • 乳酸菌は人体に良い影響を与える善玉菌である
  • 悪玉菌が増えると不調の原因になる
  • 乳酸菌を摂取することで、免疫機能の向上や便秘解消・大腸ガンの予防効果などがある
  • 乳酸菌は食物繊維を利用して活動する為、併せて食物繊維を意識的に取り入れよう

身体に様々な効果がある乳酸菌ですが、その効果を得るためには乳酸菌のみならず食物繊維をはじめ、その他の栄養素もバランスよく摂ることが大切です。
レフォルムでは、運動のみならず、食事についてのアドバイスも行なっております!


本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。

また、赤坂のパーソナルトレーニングジムReforme(レフォルム)では、年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。体験トレーニングのお申し込みはこちらから。

Reforme(レフォルム)フィットネスジムのパーソナルトレーニングで「理想の自分」を目指しましょう︕体験申し込み