今回は豆知識的な内容です。

ダイエットや減量の際に「脂肪を燃焼させる」や「脂肪を燃やす」といったワードをよく使うと思います。

ではダイエットや減量によって減った体脂肪は一体どこに行ったのでしょうか?

実際に人間の身体の中に焼却炉のようなものがあるというわけではなく、脂肪がエネルギーとして代謝されるというのを「燃焼」や「燃える」などで表現しているのですが、代謝された脂肪の行き先はどこなのでしょうか?

脂肪は炭素・水素・酸素の三元素から出来ており、人体でエネルギーとして使用される際には酸化その際に残る代謝物は二酸化炭素と水と言われております。

脂肪がエネルギーとして使われた際には脂肪の量の約84%が二酸化炭素で、約16%が水として体外に放出されるのです。

つまり、エネルギーとして使われた脂肪の殆どは肺を介して息から排出されているのです。

残り16%の水分として排出された脂肪の殆どは排泄物や汗や涙に含まれて体外に出ます。

意外と知られていない「脂肪の行く末」ですが、ダイエット中に分解された脂肪が自身の吐息に含まれていると思うと、些細な事ですが頑張ろうと思えたりしませんかね?

ただ単に食べないで痩せるのではなく、トレーニングをして脂肪をエネルギーとして代謝させると言う観念でダイエットをするとより健康的にダイエット出来るはずです。


本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。

また、赤坂のパーソナルトレーニングジムReforme(レフォルム)では、年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。体験トレーニングのお申し込みはこちらから。

Reforme(レフォルム)フィットネスジムのパーソナルトレーニングで「理想の自分」を目指しましょう︕体験申し込み