前回のブログ「ハイバースクワットとローバースクワット」で、バーベルを担ぐ位置によって二種類のスクワットが存在し、首筋の下付近に担ぐスクワットを「ハイバースクワット」、三角筋後部付近に担ぐスクワットを「ローバースクワット」とご紹介させていただきました。

初心者の方やスクワットがどんな種目なのかイメージできていない方にスクワットをやってもらうと、ほとんどの方がハイバースクワットで動作を行います。

私自身もウェイトトレーニングを始めたばかりのころ、2種類のスクワットの違いをイマイチ分かっておらず、毎度ハイバースクワットを行っていた記憶があります。

ローバースクワットは一見すると、バーベルを担ぐ位置が低い為不安定な感じがしてしまい、ハイバースクワットよりも高度な技術が要される上級者向けの種目と思われがちなのですが、私個人の感想としては体幹部(腰部)へのストレスを考えると、ローバースクワットの方が身体の負担が少なく安全にスクワット動作を行うことが出来るのではないかと思われます。

特に胴が長く体幹がキチッと定位置に定まらず不安定な方が、ハイバースクワットを行うと腰部に良くないストレスが大きくのしかかります。

胴が長い体型の人のトレーニングにつきものなのが腰痛ですね。

腰を中心に考えた際に、ハイバースクワットの方が腰からの距離が遠い分テコの原理で距離の分負荷がこしかかってしまい、ローバースクワットの方が距離が近い分テコの原理での負荷が少ないため、腰に優しいスクワットと言えます。

胴が長くスクワットの際に腰を痛めやすい方で、今までハイバースクワットと、ローバースクワットを意識してこなかった方は、是非一度、ローバースクワットでの実施をお試しください!


本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。

また、赤坂のパーソナルトレーニングジムReforme(レフォルム)では、年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。体験トレーニングのお申し込みはこちらから。

Reforme(レフォルム)フィットネスジムのパーソナルトレーニングで「理想の自分」を目指しましょう︕体験申し込み