今回は下半身の、特にハムストリングス(腿裏)に強い刺激を与える「スティッフレッグドデッドリフト」について書いていこうと思います。

前回のブログ「ハーフデッドリフトをやってみよう!」で下半身の動員を極力抑え背中への刺激をメインとした「ハーフデッドリフト」についてご紹介させていただきました。

スティッフレッグドデッドリフトはその名の通り、脚を固定したデッドリフトの事です。

脚というよりも、膝の動きを固定したと言った方が動きをイメージしやすいかも知れません。

通常のデッドリフトは股関節の動きと膝関節の動きがシンクロして行われるのですが、スティッフレッグドデッドリフトは膝を伸ばしたまま行うことにより、股関節の動きのみでバーを引き上げます。

膝を伸ばしたまま上体を上げ下げする、深くお辞儀して起立するような動きが、スティッフレッグドデッドリフトの動作です。

この種目はスタート時のポジションでハムストリングスが強くストレッチされる事から、ストレッチ種目に分類される事が出来ます。

ストレッチ種目は軽めのウエイトで実践するのがポイントでしたね。

股関節を軸に上体を上げ下げする動きを、股関節の屈曲伸展と呼びます。

スティッフレッグドデッドリフトでは、股関節の動きに集中する為に、膝をしっかりと固定して腿裏が強くストレッチされる感覚が必要です。

ハムストリングス(腿裏)の筋力や柔軟性が足りない為に、通常のデッドリフトで腰が丸まってしまいがちな人の補強種目としてもスティッフレッグドデッドリフトは強くお勧め出来ます。

スクワットなどの下半身のトレーニング種目で大腿四頭筋(腿の前)ばかりが毎度強化されて、ハムストリングス(腿裏)がそこに比べて追いついていないような人にも、スティッフレッグドデッドリフトの導入がお勧め出来ます。

上半身も下半身も、前面と背面のバランスを重視してトレーニングするのはとても大切です。

下半身の種目の一つとして、スティッフレッグドデッドリフトをメニューに入れてみてはいかがでしょうか?


本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。

また、赤坂のパーソナルトレーニングジムReforme(レフォルム)では、年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。体験トレーニングのお申し込みはこちらから。

Reforme(レフォルム)フィットネスジムのパーソナルトレーニングで「理想の自分」を目指しましょう︕体験申し込み