今回のブログではトレーニングとお酒に関する内容です!

日常的にウエイトトレーニングをしている人や何かの競技に取り組んでいる人はお酒を飲まないと思われているのが一般的ではないでしょうか?

「お酒は全く飲まないのですか?」と私自身聞かれることも多いです。
※私は普通にアルコール類を摂取しておりますが笑

トレーニングの効果や筋肉の発達に際して、どれだけお酒が影響を及ぼすのかが気になる方は非常に多いと思います。

結論から言ってしまえば、飲酒はトレーニングに有害です。

なぜ有害かというと、体内にアルコールが入ることによりカタボリック(筋肉分解)を促進するホルモンである「コルチゾール」が分泌されます。

また筋肉の成長に強くかかわるホルモンの「テストステロン」を抑制してしまう一面までもがあります。

そしてトレーニングで破壊した筋繊維を修復するために必要なたんぱく質は肝臓を介して代謝されるのですが、体内にアルコールがあると肝臓はアルコールの分解の方を優先して行ってしまうために、タンパク質を代謝することによる筋合成が上手く行われなくなってしまうのです。

上記のような理由から飲酒はトレーニングに有害であるのですが、飲酒がトレーニング後の筋肉の成長を妨げる要因であるためトレーニングを行わない日に飲酒をすれば筋肉への被害は最低限に抑えることができるのではないでしょうか。

人生=トレーニングという人はごく少数ではないでしょうか?

仕事関係プライベートでの交友があった上でのトレーニングという方が大多数だと思われます。

ウエイトトレーニングを日常的に行いつつも、人間関係を円滑に過ごしていくためには、筋肉へのマイナスを極力減らしながらアルコールの摂取を行うことが望ましいと思われます。

日常生活でのストレスを溜めずにトレーニングを続けていくことも筋肉を漸進的に成長させていくために必要なことです。

お酒ともうまく付き合いながら筋肉を育てていきましょう。

本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。