今回は少しマニアックな「ナロー(スタンス)スクワット」についてご紹介させていただきます。

前回のブログ「レギュラースクワットとワイドスクワット」で、レギュラー(スタンス)スクワットと、ワイド(スタンス)スクワットについて書かせていただきました!

ナロー(スタンス)スクワットは、名前のとおり脚幅を肩幅よりも狭くして腰幅ぐらいの広さで行います。

はじめてやってみるとバランスが取り辛く、フラフラとしてしまい思ったようにしゃがみ立ちのスクワット動作がうまく出来ないかも知れません。

しかし、先に挙げた2種類のスクワットとは一味違った効き目があるのが「ナロースクワット」、どういった部分が一味違うか解説していきましょう。

先ず、ナロースクワットは通常のレギュラースクワットやワイドスクワットと比べて、股関節の内転(外側に開いている太腿を内側に閉じる動作)の動きがなくなり、むしろ股関節の外転(内側に閉じている太腿を外側に開く動き)の際に使われる中臀筋(お尻の上部にある筋肉)の働きが多くなります。

ヒップアップの効果を狙う際は、こちらの中臀筋の強化は必須となります。

横から見た際に中臀筋が発達していると、お尻の上の方から筋肉がついており、お尻の位置が高くなります。

さらに、ワイドスクワットは太腿の内側の内転筋群がよく使われるのに対して、ナロースクワットは太腿の外側の外側広筋がよく使われるといった体感があります。

男性で脚を逞しくしたいと思う方は大腿四頭筋の中でも、外側広筋を狙って強化すると、横への張り出しが目立つ太腿になります。

私個人的には、外側広筋が発達し太腿が横に張り出していて、フクラハギが引き締まっている上下の太さのギャップがある脚がカッコいいように思えます。

通常のスクワットから新たな刺激を求める際は、ナロースクワットもお試しください。


本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。

また、赤坂のパーソナルトレーニングジムReforme(レフォルム)では、年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。体験トレーニングのお申し込みはこちらから。

Reforme(レフォルム)フィットネスジムのパーソナルトレーニングで「理想の自分」を目指しましょう︕体験申し込み