綺麗になる為にダイエットを頑張ったもののリバウンド…。そんなことを繰り返してしまっている方も多いのではないでしょうか?
あなたはハードな運動や食事制限をいつまでも続ける事ができますか?

ハードな運動や食事制限をする前になぜあなたが太ってしまうのかを知る事がとても大切です。太る原因を知り、リバウンド知らずの綺麗な身体を手に入れましょう!

今回は、太るメカニズムや痩せるメカニズムを簡単にご説明していきます。

人はなぜ太る?

私たちはなぜ太るのでしょうか?運動をしないからでしょうか?
この問いの答えはもしかしたら皆さんもすでに気づいているかも知れませんが1番の要因は「食事」です。

ものすごく簡単に説明すると、あなたが消費するエネルギーより、食べたもののエネルギーが多ければ脂肪として蓄えられます。これが太るという事です。

カロリーとは

1カロリーとは水1gを1℃上昇させるのに必要なエネルギーの単位です。つまり、カロリーはエネルギーの単位を表しています。

このエネルギーは、人の身体を動かすガソリンのようなもので、私たちは日常、食べ物を食べる事で身体を動かすエネルギーを手に入れています。

カロリーと体重の関係

あなたが食べ物から摂取したエネルギーが、あなたの身体の消費エネルギーを上回ると身体に脂肪として蓄えられていきます。逆に摂取エネルギーよりもあなたの身体の消費エネルギーが上回れば、足りないエネルギーを身体に蓄えられた脂肪をエネルギーに変換し、消費していきます。つまり、下記のことが言えます。

摂取エネルギー > 消費エネルギー = 脂肪の蓄積
摂取エネルギー < 消費エネルギー = 脂肪の減少 ダイエットとは、ものすごく噛み砕いて言うと、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスで、脂肪が蓄積されるのか、燃焼するのかが決まります。

あなたに必要なカロリーは?

1日に必要なカロリーを知るには、まずあなたの基礎代謝と活動量を知ることが必要です。
基礎代謝量は、「ハリス-ベネディクトの式」(日本人式)という基礎代謝計算法を使い、身長と体重、年齢で、その値を計算することができます。

その基礎代謝量から一日の目安となる摂取カロリーも算出できるのです。

基礎代謝量の求め方

こちらのサイト「keisan」でも求めることができますので、計算してみてください。

細かい計算式を知りたい方は、下の計算方法を確認してみてください。

「ハリス-ベネディクトの式」(日本人式)

男性
66+13.7×体重(kg)+5.0×身長[cm]-6.8×年齢=1日の基礎代謝量
女性
665+9.6×体重(kg)+1.7×身長[cm]-7.0×年齢=1日の基礎代謝量

例.)35歳女性 身長155cm 体重50キロ
計算式
665+(9.6×50)+(1.7×155)-(7.0×35)=1163.5
つまり、身長155㎝、体重50キロ、年齢35歳の女性の、一日の基礎代謝量は1163.5kcalということになります。

これは、一日中あなたがベットの上で何もしなくても、消費するエネルギーです。なのでここからあなたの1日の活動レベルに合わせた、活動量を計算します。

活動量の求め方

先ほど計算した基礎代謝に、1日の活動レベルに合わせた係数をかけます。

  • レベル1(×1.25)
  • ディスクワークなど、座位中心で、動くことが少ない方

  • レベル2(×1.5)
  • 座位中心だが、軽いスポーツを行う方

  • レベル3(×1.75)
  • 移動や立ち仕事が多い方、スポーツなどで活発に動く方

先ほどの例に挙げた女性の活動レベルが1であれば、

1163.5kcal × 1.25 = 1,453kcalが1日に必要なカロリーとなります。この女性であれば、このカロリーを上回る食事をしていると脂肪が蓄積され、これを下回れば脂肪が減少していくのです!

1kgの脂肪を減らすには!

1kgの脂肪は、7,200kcalのエネルギーを持っています。つまり、脂肪を1kg減らすには7,200kcalを消費しなければいけません。これを消費する為に、食事をコントロールして摂取を減らすか、運動をして消費を増やすのです。

なので、1kgの脂肪を減らすのであれば、7,200kcal ÷ -1kgしたい目標までの日数 で計算します。

7,200kcal ÷ 30日 = 240kcal 

1ヶ月で脂肪を1kg減らすのであれば、毎日240kcalのマイナスを作ればいいのです。

体重が増えるときはこれと逆の事が言えます。7,200kcalのプラスが生まれた時に脂肪が1kg増加するのです。
(実際には個人差などもあります)

食事を管理してみよう

あなたは昨日食べたものを覚えていますか?また、今日食べた食事の栄養素、カロリーなどは把握していますか?

ご自身に必要なカロリーがわかったら、次に食事のカロリーに目を向けていきましょう。現在は、コンビニを始め外食時でもメニューにカロリーが記載されている事が多くなっています。

また、「MyFitnessPall」などのアプリを活用すると食べ物の栄養素を確認しつつ、自身の食事の管理記録にも役立ちます。

ダイエットのために運動をしようと考える前に、まずは太る大きな原因となる事の多い食生活を把握する事が大切です。

まとめ

  • ダイエットを始める前に現在の食習慣を把握しよう
  • 摂取カロリー > 消費カロリー = 体重増加、摂取カロリー < 消費カロリー = 体重減少と覚えよう!
  • 脂肪を1kg減らすには-7,200kcalが必要

ダイエットの為に運動をプラスすることは大切ですが、そもそもの太ってしまった原因を把握する事で、より効率的にダイエットを成功させられます。
プラスする前に何を減らすべきなのかを発見して見ましょう!

レフォルムではトレーニングだけではなく、皆様の食生活のお悩みもサポートしていきます!


本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。

また、赤坂のパーソナルトレーニングジムReforme(レフォルム)では、年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。無料体験のお申し込みはこちらから。

Reforme(レフォルム)フィットネスジムのパーソナルトレーニングで「理想の自分」を目指しましょう︕体験申し込み