今日も昨日「トレーニング用シューズ」に引き続きウエイトトレーニングの際にオススメのシューズをご紹介させていただきます。

前回ウエイトトレーニングの際に着用するシューズはクッション性は求められず、踏ん張り易さやグリップの強さなどが大事である事を書きました。

前回紹介したシューズは全てウエイトトレーニング用(ウエイトリフティング用)のものでしたが、今回オススメなのはレスリングシューズです。

レスリングシューズは一般的にソールが薄いために踏ん張りがとても効きやすく、ハイカットでもあるために足首のホールド力も強いので横へのグラつきに強いです。

私も数回下半身のトレーニングの際にレスリングシューズを着用した事があるのですが、特にスクワットでの安定感は素晴らしく普通のシューズの時よりも激しい筋肉痛に下半身が襲われました。

スクワット以外でもデッドリフトの際も強く踏ん張れる為に、ブレがなく全力でバーベルを引き上げる感覚がありました。

海外のメーカーから出ているウエイトトレーニング用のシューズでも最近はレスリングシューズをベースにデザインされたものが多くなってきてます。

見た目もインパクトが強すぎる感じはなく、スッキリしているためにトレーニング初級者にもオススメ出来ます。

トレーニング用のシューズの買い替えを迷っている方はレスリングシューズも検討材料に入れてみてください。


本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。

また、赤坂のパーソナルトレーニングジムReforme(レフォルム)では、年齢性別に関係なく、体験トレーニングにも気軽にご参加頂けます。体験トレーニングのお申し込みはこちらから。

Reforme(レフォルム)フィットネスジムのパーソナルトレーニングで「理想の自分」を目指しましょう︕体験申し込み