あなたは1日にどれくらいの量の水を飲んでいるでしょうか?毎日飲む量は意識していますか?

健康に気を使って食事を意識したり、サプリメントを摂取していてもそれらは上手く身体で使われていないかも知れません。

きちんと摂取した栄養素を働かせる為にも水分はとても重要なのです。

1日に必要な水分量を摂ったほうがいい理由

なぜ水分が必要なのでしょうか?それを理解する為にまずは身体の中での水の働きを見ていきましょう。

  • 物質の運搬
  • 酸素や食べ物から摂取した栄養素は血液に運ばれて、身体に栄養を供給します。また、老廃物も尿として身体から排出されます。どちらも水分が運搬しているのです。

  • 体温調節
  • 血液は栄養とともに、熱も運搬しています。水は温度を1度上げるのに必要な熱量が高い物質で、温まりにくく、冷めにくい性質があります。その為、身体の体温を保つのに適しているのです。女性に多い、手足の冷えは水分(血液)が上手く循環していないことから起こります。

  • 物質の溶解
  • 食事の中に含まれる栄養素は吸収しやすい形に分解され、代謝されます。代謝反応は水に溶けた状態で行われます。

1日に必要な水分量は2.5ℓ

厚生労働省によると健康な状態を維持する為には、1日に2.5ℓの水分を摂取する事が必要であると言われています。これには食品に含まれる水分量なども含まれている為、飲料としては1日に1.2ℓを目安とするように言われています。運動などをする方は汗による損失がある為、より多くの水分摂取が必要となります。

3日水を飲まないと死んでしまう!?

水分が不足すると身体の中での水の働きで説明した通り、摂取したものの代謝や運搬が上手く働かなくなります。つまり、食事を意識したり、サプリメントを摂取することも大切ですが、それらを上手く身体に取り込む為にも水分をきちんと摂取する事が重要なのです。

また、人は食べ物は1ヶ月近く食べなくても生きられると言われていますが、水は2、3日飲まないと死んでしまうと言われています。エネルギーは脂肪など身体に蓄えられているからなどの理由はありますが、このことからも水分の重要性がわかります。

まとめ

  • 最低1.2ℓは飲料から水分を摂取しよう
  • 身体の中の水分が不足すると代謝や栄養の運搬が上手くいかなくなる

身体づくりには食事が重要ですが、それらを上手く働かせる為にも水分の摂取を意識しましょう!

レフォルムでは、トレーニングだけではなく、食事などのお悩みにもお答えしていきます。


本記事に関するご質問や、正しいトレーニング方法に興味のある方は、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。

また、赤坂のパーソナルトレーニングジムReforme(レフォルム)では、年齢性別に関係なく、無料体験にも気軽にご参加頂けます。無料体験のお申し込みはこちらから。

Reforme(レフォルム)フィットネスジムのパーソナルトレーニングで「理想の自分」を目指しましょう︕体験申し込み